症状や原因をチェックして正しく治す|うつとの付き合い方

うつのチェックは定期的に行おう

低年齢でも発症する

ウーマン

うつ病は精神的に発達した大人に起こることが多い病気だとされていますが、実は最近は子供にも発症する確率が多くなっているのです。子供の状態をチェックし、子育てをしていきましょう。

詳細を読む

身体や思考に起こる症状

カウンセリング

普段とは違った状態になっているのは、病気が原因となっていることが多いです。うつ病の症状を知っておけば、普段と違うことについて気付きやすいので、項目に当てはまるかチェックしましょう。

詳細を読む

原因は定かでない

医者とナース

すぐに気づけるようにする

毎日元気に過ごせているし、前向きに生活できている、そんな人はうつ病になる心配は自分にはないと無意識の内に考えているのではないでしょうか。精神的な病は誰にでもなる可能性はありますし、ならなかったとしても周囲に病気で悩んでいる人がいるかもしれません。うつ病は希死念慮が起こる病気でもありますので、大事な人が悩んでいるようであれば一声かけてあげるのも大切です。パートナーや自分の子供、親の行動を普段から見ているのは家族です。そのため、うつ病ではないかとチェックできるのも、身近にいる人なのです。

理解を深める

自分も発症してしまわないとも限らないので、うつ病についてはその原因や治療法をチェックしておき、理解を深めていきましょう。まず、うつ病は遺伝的要因が有力視されている病気の一つです。必ず発症するわけではありませんが、親族に発症した人がいた場合、通常の家庭よりも3倍は発症する確率があるとのことです。その上で、強いストレスがかかった場合は発症する確率はもっと上がるでしょう。基本的にはこういったストレスや遺伝の要因があって発症すると考えられているのですが、実ははっきりとした要因は確定できないのが現状です。人によっては嬉しいことでさえも大きなストレスになってしまいますし、ストレスの原因はたくさんあるので、「これをしなければ発症しない」ということはいえないのです。最近の研究では、うつ病患者の脳の形をチェックしたところ、異常が見られることが分かりました。しかし、因果関係はまだ研究中なので、脳の形がどのように引き起こされるのか、その前頭葉と小脳の萎縮が病気にどのように関わっているのかも分からないのです。
原因をチェックしてみると、このように原因も不明ということが分かります。分からないことが多いということは、すなわち「怠けているからこんな病気にかかる」「状況に慣れさえすれば大丈夫」とはいえないのです。完全に防ぐこともできなければ、誰にでも起こる症状なのだということを一番に理解しておく必要があります。

正しく検査し治療したい

ドクター

治療にはお金や時間がかかってきますので、まずうつ病かどうかをチェックする必要があります。精神的な病気には間違われやすいものもあるので、正しく判断するために、最新の検査方法を利用しましょう。

詳細を読む

併発する病気

頭を抱える男性

うつ病にかかった際にはSSRIという薬を服用することがありますが、これはEDを引き起こす可能性があるのです。身体的な病気が併発している場合は、どのように治療をするのかチェックしておいた方が良いです。

詳細を読む

準備しておくべきこと

笑顔の女性

受診の際にチェックしておくべきことがあります。それは治療法について本人と確認を取ることと、家族が初診時は同伴可能な日を選ぶということです。これらはうつ病の治療をスムーズに進めるために必要です。

詳細を読む