症状や原因をチェックして正しく治す|うつとの付き合い方

医師と患者

併発する病気

頭を抱える男性

EDとの関係

うつ病になる人は成人の人が多いため、大人のメンタルチェックは企業でもよく行なわれています。しかし、小中学生にも起こりうるため、そのときどんな変化があるのかはチェックしておいた方が良いでしょう。そして、闘病をしている人もそのストレスでうつ病を発症してしまうこともあるため、注意しておくべきだといえます。EDに関しては、どちらもその病気の原因になりうることもあるといわれているのです。それは、EDになったストレスによって精神的な病気も発症してしまう、逆に精神的な病気が起因となって、EDを発症するパターンも多いのです。精神的な病気が起因となる場合では、若年層がEDを発症することも多いことをチェックしておいた方が良いでしょう。性交渉の際に勃起が持続しないという症状は、基本的には加齢による血流やホルモンの変化が原因となっています。そのためEDは本来中高年を中心に起こるものでした。しかしそれが近年若年層にも増えてきているのは、うつ病になる人が増加していることと無関係ではないのです。こういった社会的背景もチェックして、総合的な治療をしていく必要があります。

相談して治療する

心因性の症状が原因で、EDになっているという場合は、脳の動きが通常とは違っていることが多いです。ストレスによって脳にダメージが与えられ続けていると、性的興奮が起こりにくくなることがあります。また、うつ病の治療をしていると、服薬している薬によっていろんな副作用があり、それによって勃起が阻害されていることがあるのです。特にSSRIというのはこの影響が強いといえます。長く服用している男性ほど、EDは起こりやすくなると考えられます。しかし、この場合は精神的な治療の方が優先されるので、両方治したいと焦らない方が良いといえるでしょう。両方治そうと焦っていると、EDがうつ病を悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。この悪循環をストップさせるためには、一つずつ症状や治療の優先度をチェックし、相談しながら治療をする必要があるのです。