症状や原因をチェックして正しく治す|うつとの付き合い方

医師と患者

正しく検査し治療したい

ドクター

間違われやすい病気もある

うつ病の治療には、薬や認知行動療法などが行なわれるのが一般的です。しかし、間違われやすい病気もあり、中には専門のクリニックでも見分けがつきにくいものもあるといいます。これは決して医師の技術や知識がないから間違うというわけではなく、似たような症状があるために判断が難しいのです。例えば間違われやすい病気としては、不安障害などがあります。不安障害は以前まで神経症という名称が付けられており、あまり一般的な認知もされていません。不安が長期間続くという意味ではうつ病にも似ているので、症状をチェックしても間違ってしまうことが多いのです。他に間違われやすい病気としては強迫性障害、統合失調症、双極性障害などがあります。統合失調症には関係妄想や被害妄想が出ることがありますが、これはチェックの仕方を間違うと、うつ病における気分障害と同じではないかと判断してしまう人もいます。精神的な病気にはまだまだ一般的には認知が行き届いていない場合もあるので、決して自己判断しない方が良いというのはこのためです。

正確性が高い検査

間違った治療をし続けていると時間や費用、そして忍耐の無駄になってしまうので、できれば正しい判断をして最初から病気の種類に合った治療をしていきたいものです。そのためには検査方法がどんなものなのかをチェックする必要があります。検査方法の一つには光トポグラフィー検査というものがあります。これは最近うつ病かどうかをチェックするために利用されるようになった検査方法です。光を使って頭部の血流を測定し、その結果健常なのか、うつ病なのか、それとも統合失調症なのかを判断しやすくしている検査です。この検査方法を行なっているメンタルクリニックがあるため、チェックしてみましょう。検査方法としては、頭部に装置をとりつけるだけなので、血液を採取する必要もありません。近赤外線を用いているので、レントゲンやCTのように事前準備の手間もそれほどないのです。