症状や原因をチェックして正しく治す|うつとの付き合い方

医師と患者

低年齢でも発症する

ウーマン

子供の状態

うつ病になってしまうとなかなか治らないと思い、絶望的な気持ちになってしまいます。しかし、必ず治療で治すことができる病気なので、諦めないでどんな治療法があるのかをチェックしてみましょう。この病気は子供にも起こりうる病気なので、子供がいて行動がいつもと違ってきたのであれば、早く治療できるように状態をチェックしておくことが大切です。子供は大人とは違って、言葉で訴えることが難しいです。そのため、周囲にいる人が気づけるようにしていた方が良いのです。実はこどものうつ病は大人のものよりも病状が少し違っているので、調べるときは子供に特化したチェックの方法を把握しておいた方が良いでしょう。小児うつ病ではどのような症状が起こるのかというと、悲しみや無力感があり、睡眠障害があるのは大人とあまり変わりません。明らかに違う病状としては、「イライラ」です。イライラする気持ちが募り、その結果周囲に対して攻撃的な行動に出てしまうことも多くなります。普段から怒りっぽい子供であればすぐに病気だと判断するのは早計かもしれませんので、「普段とは違う」という点に注目してみた方が良いです。

進学がきっかけ

実は大人に起こるうつ病にもいくつかのパターンがあります。大人に起こるパターンにはホルモンの変化によるものもみられる一方、子供に起こる病気だとストレスが大半を占めています。大人は全然気にならないけれど、子供には大きな症状を呼び起こすきっかけになる出来事もありますので、チェックしておきましょう。進学や受験など、嬉しいことやおめでたいことでも大きなストレスになるといわれています。また、叱られる経験も精神的な病気を引き起こすのです。子供の内に発症を防ぎたいなら、自己効力感をポイントに育児を考えることが大切です。無力感が根付いてしまうとその気持が増大してしまいますが、「自分はできる」という経験を積み上げて自己効力感を身に付けた子供はうつ病を発症することを防げるといわれているので、その方法をチェックしておくと安心して子育てができます。