症状や原因をチェックして正しく治す|うつとの付き合い方

医師と患者

身体や思考に起こる症状

カウンセリング

症状を調べる

うつ病になっているかどうかを、セルフチェックできる方法もありますので、より多くの人がそのことを知っているといいでしょう。知識をもっていれば、周囲の人の様子を気にして声をかけることもできるからです。発症し始めだとあまり症状も自覚できないかもしれませんが、精神科やメンタルクリニックが提供している、セルフチェックを行なえば、発症の危険性を知ることができます。心理テスト的なものだと正しい診断ができているかわかりませんので、総合的な判断を行なえる、医療機関が提案しているようなテストを使った方が良いといえます。
症状自体を詳しく知っていると、テストをしなくても気付くことは可能です。このとき気をつけたいのが、項目が当てはまっても当てはまっていなくても、自己判断は禁物ということです。テストをして軽度という判断がでたのであれば、医療機関を受診するようにしましょう。症状がいくつか当てはまるのであれば、医療機関を受診する価値はあります。ではうつ病の症状ですが、感情については悲しい気分になるのが特徴です。しかもコントロールすることが中々難しくなります。

精神と身体

うつ病はこのように、悲しい気分になることが特徴の病気ですが、精神的には他にも意欲が減退するというものがあります。思考がよく回らなくなったり、いつもと違って受け答えに苦労するようになるという項目にチェックがつくなら、うつ病の傾向があるといえるでしょう。そして、心療内科でもうつ病の治療をすることでも分かるように、うつ病のときには痛みも感じることが挙げられます。頭痛が続いてなかなか治らなかったり、首や肩に鈍痛が起こることも多いのです。背中や腰、首の痛みは単なる凝りと自己判断してしまいがちですが、しっかりいつもとはどう違うのかをチェックするようにしましょう。内科的な治療をしていたり薬を飲んでいても中々治らない場合は、うつ病かどうかをチェックすることが大切です。